2017/09/18

収録レポート #155


みなさま、1週間のご無沙汰、いかがお過ごしでしたでしょうか?
「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第155回放送でございました。
なんと、連続です。154回に続いて、
1/155 = 0.00645161290322580…となる循環小数回なんです(循環節は「645161290322580」の部分)。
ということで今回もみなさま、よろしくお願いします!

さあさあ、今週も「収録レポート」をお届けします。
担当は、当番組構成の伊勢村圭太です。どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第155回の収録レポートに参りましょう!

________________


今回も、京都のヨーロッパハウススタジオからの放送です。

さあ、今回も収録を始めていこうかなー、という時のスタンバイ中の永野ですが、


いったい、何を考えているときの顔なんでしょうか。
この顔で楽しい放送ができるのかと思いましたが、そこはご安心を。

なぜなら、心強い相方がいるからなのであります。


お馴染み、藤谷理子であります。
収録中、腰に手をあてる癖のある理子ちゃんですが、今日は片手だけあてるスタイル。
一言ネタの時のふかわりょうさんと同じスタイルですね。

OPは、理子ちゃんが初体験した話。

ラフティングという、川で行うレジャーだと。
これね、伊勢村もやったことがあるんですけれど、
理子ちゃんのテンションの上がり方も分かるぐらい楽しいんですよねー。


ラフティング未体験の永野は不安になって色々と質問するんですが、


ラフティング大好き理子ちゃんは身振りを加えながら力強く教えてくれます。


始終こんなテンションの理子ちゃんでございました。

もう夏も終わりですけれど、
理子ちゃんによると冬も出来るということなので、
未体験の方は是非。伊勢村もオススメ。

さてさて、続いてお便りをご紹介。
ミトンさま、ありがとうございます!

これは、嬉しいお便りが来ましたねー。
ミトンさまが大変なところ、喜ぶのもアレなんでございますけれども。
なんかね、長寿の先輩番組さんとかだと相談のお便りとか多いじゃないですか。


ラジオの醍醐味にチャレンジした永野と理子ちゃんでございました。

失恋した時に布団と炊飯器は捨ててはいけないと分かったところで、
番組はメインコンテンツ・ラジオドラマのコーナーに入って参ります。

今お送りしているのは「出てこようとしてるトロンプルイユ」と連動したラジオドラマ。
毎回1つの絵画をテーマに、そこから発想されたラジオドラマをお送りします。


■ラジオドラマ
9月期ラジオドラマ「妄想アート入門『A beach』」/脚本・中村季未さん」
ゲスト出演:朴香実さん

このコーナーでは月替わりで様々なラジオドラマをお送りします。
9月は、「出てこようとしてるトロンプルイユ」との連動企画。
『妄想アート入門』と題しまして、毎回1つの絵画をモチーフにしたドラマをお送りします。
次回からもどうぞお楽しみに。


ということでございまして、
第155回放送でございました。

今回は、文字通り「有り難い」お便りをいただけた回でございました。
永野非常に喜んでおりましたんで、相談事のある皆さま、是非番組までお寄せください!
ラジオドラマは引き続き「妄想アート入門」。
視覚と聴覚のあいだにあるような、新感覚ドラマです。
次回以降もどうぞ、お楽しみにー!


番組では、放送への感想、永野・藤谷への質問等を募集しております。
みなさまからのコメントを番組メールアドレス(europe.broadway@gmail.com)、
またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひ、みなさまのお声をお寄せくださいm(__)m

お待ちしてます!

ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!#155


2017/09/11

収録レポート #154


みなさま、1週間のご無沙汰、いかがお過ごしでしたでしょうか?
「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第154回放送でございました。
はい、来ました。お待ちかね。
1/154 = 0.00649350…となる循環小数回ですね(循環節は「649350」の部分)。
ということで今回もみなさま、よろしくお願いします!

さあさあ、今週も「収録レポート」をお届けします。
担当は、当番組構成の伊勢村圭太です。どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第154回の収録レポートに参りましょう!

________________


今回も、京都のヨーロッパハウススタジオからの放送です。

以前のレポートで収録中の理子ちゃんの足の形を話題にしましたけれど、
そういえば、永野にも収録中によくやる足のポーズがあったので写真に収めてみました。


椅子の上にあぐらですね。

レポートをおじさんの足で始めるというね。
154回目にもなると、これぐらいの変化が無いと飽きてくるのです。

ちなみに、土足で入る会場の場合は椅子の下に靴が転がっていることになります。


ちなみに、相方の理子ちゃんには手にも型があるんですねえ。

腰に手を当てるという。
騒いでいる男子を注意するときの委員長のポーズです。

OPは、理子ちゃんのブロードウェイラジオのグループLINEでの「九月病」発言についての言及もありつつ、
みなさまからのお便りをご紹介。
えりりんさま、ちろ助さま、てんちゃん@愛知さま、ありがとうございます!

永野の出演した舞台「天国への階段」への感想をたくさんいただきまして、
もう、大喜びでありました。


永野としても非常に楽しかった作品のようで、
ラジオだというのに、小さい体をめいっぱい伸ばした身振りで教えてくれました。

また、永野の胸板が厚くなったのではないかという疑いも…。


永野の胸板をチェックする大歳。

胸板が厚くなった原因について、
収録後には「よく子ども抱いてるからかな」みたいな言い訳もしていましたが、
原因はプロテインです。
良い話にはさせません。

俳優としての永野が大満足のお便りをたくさんご紹介したところで、
番組はメインコンテンツ・ラジオドラマのコーナーに入って参ります。

今お送りしているのは「出てこようとしてるトロンプルイユ」と連動したラジオドラマ。
毎回1つの絵画をテーマに、そこから発想されたラジオドラマをお送りします。


■ラジオドラマ
9月期ラジオドラマ「妄想アート入門『あん肝』」/脚本・中村季未さん」
ゲスト出演:朴香実さん

このコーナーでは月替わりで様々なラジオドラマをお送りします。
9月は、「出てこようとしてるトロンプルイユ」との連動企画。
『妄想アート入門』と題しまして、毎回1つの絵画をモチーフにしたドラマをお送りします。
次回からもどうぞお楽しみに。


ということでございまして、
第154回放送でございました。

今回は、永野が俳優だったんだな、ということを思い出す回になりました。
ラジオドラマは引き続き「妄想アート入門」。
視覚と聴覚のあいだにあるような、新感覚ドラマです。
「出てこようとしてるトロンプルイユ」や理子ちゃんの出演などの情報も随時おとどけしていきますよー。
次回以降も是非、お楽しみにー!


番組では、放送への感想、永野・藤谷への質問等を募集しております。
みなさまからのコメントを番組メールアドレス(europe.broadway@gmail.com)、
またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひ、みなさまのお声をお寄せくださいm(__)m

お待ちしてます!

ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!#154

2017/09/04

収録レポート #153


みなさま、1週間のご無沙汰、いかがお過ごしでしたでしょうか?
「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第153回放送でございました。
ヨハネの福音書で、ティベリアス湖で漁をしていた弟子たちが復活したイエスの指示で投げた網によって捕れた魚の数が153匹だそうですよ。
ということで今回もみなさま、よろしくお願いします!

さあさあ、今週も「収録レポート」をお届けします。
担当は、当番組構成の伊勢村圭太です。どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第153回の収録レポートに参りましょう!

________________


今回も、京都のヨーロッパハウススタジオからの放送です。

収録の準備もできまして、それでは始めていきましょう。
本番5秒前。4・3・2…。


前回に引き続き眠いんか!
目開いてへんやないか!

まあ、前回と同じ日に収録してますんでね。
前回が眠けりゃ、そりゃ今回も眠いわけなんですけれど。

そして前回と同じく、
みなさまからのお便りを見るやいなや永野の元気は復活するのであります。


ちーやんさま、ありがとうございます!

そんなありがたいお便りを読んでくれるのはもちろんこの人。


藤谷理子!

凛々しい姿です。
足はグーです。

今回はね、この夏に読みたい本という話題でやらせてもらってますけども。
いただいたお便りから歴史の話で盛り上がりましたね。


叔母さま(あるいは伯母さま。どちらであるかは聞けてません汗)から引き継いだという、
歴史に関する名言を披露してくれたりこ八先生。

番組後半のコーナー、「名言酒場」でも歴史の話題を引っ張っております。
みんな、歴史というものに対して思うところがあったんですねえ。


永野と理子ちゃんもそれぞれ本をお勧めし合いましたところで、
番組はメインコンテンツ・ラジオドラマのコーナーに入って参ります。

今回からは「出てこようとしてるトロンプルイユ」と連動した新ドラマ。
毎回1つの絵画をテーマに、そこから発想されたラジオドラマをお送りします。


■ラジオドラマ
9月期ラジオドラマ「妄想アート入門『我が愛すべきチョビ髭』」/脚本・中村季未さん」

このコーナーでは月替わりで様々なラジオドラマをお送りします。
9月は、「出てこようとしてるトロンプルイユ」との連動企画。
『妄想アート入門』と題しまして、毎回1つの絵画をモチーフにしたドラマをお送りします。
次回からもどうぞお楽しみに。


ということでございまして、
第153回放送でございました。

今回から新しいラジオドラマが始まりましたけれど。
絵画(視覚)をもとにラジオ(聴覚)を作っていくという、
感覚のチャネルのあいだにあるような新しい試みではないかと思っております(手前味噌)。
もちろん、「出てこようとしてるトロンプルイユ」についてもたくさん情報お届けできればと思っています。
次回からも是非、チェックしてくださいねー!


番組では、放送への感想、永野・藤谷への質問等を募集しております。
みなさまからのコメントを番組メールアドレス(europe.broadway@gmail.com)、
またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひ、みなさまのお声をお寄せくださいm(__)m

お待ちしてます!

ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!#153

2017/08/28

収録レポート #152


みなさま、1週間のご無沙汰、いかがお過ごしでしたでしょうか?
「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第152回放送でございました。
そうです、ハスモン朝のヨナタンが大司祭の職に就いたのが紀元前152年です。
ということで今回もみなさま、よろしくお願いします!

さあさあ、今週も「収録レポート」をお届けします。
担当は、当番組構成の伊勢村圭太です。どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第152回の収録レポートに参りましょう!

________________


今回も、京都のヨーロッパハウススタジオからの放送です。

いつも通り収録の準備を進めまして、
そろそろ始めようかなー、という時、スタンバイしていた永野の姿がこちらです。


なんや、眠いんか!
寝ぐせかそれは!

しかし、さすがはラジオMC歴10年の永野。
喋りだした瞬間に元気がみなぎってきました。


お目めパッチリであります。
(残念ながら、髪型までは変わりませんでした)

そして永野の相方を務めますは、いつでもどこでも元気なこの人!


藤谷理子であります。
今回もこの2人でお送りしてまいりますー。

さあさあ、OPはお便りのご紹介から!
てんちゃん@愛知さま、シンデレラさま、ありがとうございます!

永野がいま興味津々な子育ての話題もいただきまして、
もう、永野大喜びであります!


子どもの頃を思い返す永野。
決して、妖気を感じた髪の毛を気にしているわけではありません。

さてさて、といったところで、
番組はメインコンテンツ・ラジオドラマのコーナーに入って参ります。

現在放送しておりますのは、
恋愛×銭湯という、ほっこり連続ドラマ。
今回が最終回です!


■ラジオドラマ
8月期ラジオドラマ「『恋と誰かと銭湯と。』最終話」/脚本・渡辺たくみさん(nidone.works)」
ゲスト出演:山口慶人さん

このコーナーでは月替わりで様々なラジオドラマをお送りします。
8月は、渡辺たくみさんによる恋愛×銭湯ドラマでございました。
次回からは、「出てこようとしてるトロンプルイユ」と連動した企画が始まります。
次回からもどうぞ、お楽しみに!


ということでございまして、
第152回放送でございました。

今回も楽しいお便りたくさんいただきまして、ありがとうございました!
次回からは「出てこようとしてるトロンプルイユ」と連動した新しいラジオドラマが始まりますし、
もちろん「出てこようとしてるトロンプルイユ」の情報もお届けしてまいります。
次回からも是非、check&checkでお願いしますよー!


番組では、放送への感想、永野・藤谷への質問等を募集しております。
みなさまからのコメントを番組メールアドレス(europe.broadway@gmail.com)、
またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひ、みなさまのお声をお寄せくださいm(__)m

お待ちしてます!